個別指導塾の授業に関するメリット

一人一人に合わせた指導が受けられる

集団授業のデメリットとしては全体の学習進度を一様に保つ必要があるため、各生徒の学習レベルに合わせた指導がしにくいというものがあります。個別指導塾では数ヶ月~数年の単位で同じ講師が一人の生徒の指導を担当するのが一般的です。生徒一人一人の得意不得意、性格、モチベーションの上下の特徴などを講師が把握できるため、生徒の状況に細かく合わせた指導を受けることができます。暗記が得意な生徒もいれば、文章を読むことが得意な生徒もいます。講師が生徒の特徴を把握することでより効率的な指導が行えるでしょう。また、定期テスト前は苦手科目の指導を重点的に受けたり、逆に得意科目は応用的な内容まで学習したりと生徒個人の学力レベルに合わせた柔軟な指導を受けられることもメリットとなります。

わからないところを質問しやすい

学校の授業でもそうですが、集団授業では講義の流れを遮って質問するということはなかなかしづらいものです。講義中や講義後に質問用の時間が設けてあることも多いですが、質問が浮かんだ瞬間でなければ質問すべきことを忘れてしまうこともあるでしょう。個別指導の形態であれば誰に気兼ねすることなく気になったことをすぐに質問することができます。また、勉強が苦手な生徒の中には何がわからないのかそもそもはっきりと認識できていない場合も多く見られます。講師がサポートしながらわからない場所をはっきり認識させてあげるというのは個別指導でなければなかなか難しいことです。また、勉強に関する悩みや進路に関する相談をしやすいというのもメリットの一つです。